6/24日、平成30年度長久手市協働まちづくり活動助成金の公開プレゼンテーションに参加しました。

「共生社会」というキーワードで集う場所を作ったとしたら、地域住民同士の多世代交流、行政・企業・医療・福祉・教育の交流など、ごちゃまぜ拠点から化学反応を自然発生的に起こすことが可能になるのではないか?

今年度は共生社会の実現に向けて、多世代多組織ごちゃまぜ交流拠点準備期として活動するにあたり、「たつせカフェ」という、「ごちゃまぜ交流拠点、カフェ形式」で、子ども・お年寄り・障がい者・病気治療中の方・介護を受けている方など、多世代を対象に年4回開催したいとの思いを発表させていただきました。

共生社会の実現に向けての一歩として、「たつせカフェ」開催が実現できるよう、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。