多世代「たつせカフェ」とは

ごちゃまぜ多世代が集まる場所。癌を患う人が他の癌家族を支えたり、 一人の子育て経験が誰かの心をホッとさせる、お節介とも感じない そんなお節介が自然に循環する、そんな場所です。
「たつせカフェ」という多世代・多機関が集う拠点があれば、住民一人 ひとり問題解決できる知識や心構えが培われ、主体的にいのちに向き 合えるようになり、福祉(幸福で安定した生活)がより充実すると考えます。
共生社会の実現に向けての一歩として多世代たつせカフェを開催いたします。

◆スケジュール◆

がん哲学外来・メディカルたつせカフェ

【2018年】
9月8日(土)終了10月13日(土)終了・11月10日(土)・12月8日(土)
【2019年】
1月12日(土)・2月9日(土)・3月9日(土)

すべて13:30〜15:30
会場:聚福院 愛知県長久手市塚田714

 

多世代たつせカフェ

【2018年】
9月15日(土)終了・11月17日(土)・12月15日(土)
【2019年】
1月19日(土)・2月16日(土)・3月16日(土)

すべて13:30〜15:30
会場:聚福院 愛知県長久手市塚田714


◆詳細◆

<<多世代たつせカフェ>>

▶9月15日(土) 13:30〜15:30 終了しました

<メインテーマ>
■今だから言える、うつから自殺未遂から 立ち直りから恩返し
「自殺未遂した経験者(ヲキクさん)が、生きていれば大丈夫、 どうせ、最後は死ぬんだから、それまで生きてみようよ」 ということを皆さんに語ります。 辛い方を支援したいと考えている方、うつの友達をなんとかしたい と考えている人、ヲキクさんのお話しを聞きたいなって思ってる人、 皆さんでお話ししましょう!

たくさんのご参加ありがとうございました。


 

<<9月のがん哲学外来・メディカルたつせカフェ>>

▶9月8日(土)終了しました。

愛知県がんセンター 緩和ケアセンター長 下山理史先生の講演
「みんなで考えよう緩和ケア」 緩和ケアってご存知ですか?
下山先生より、現在行われている緩和ケアに ついてお聞きします。
その後、参加者で 緩和ケアについて考えてみませんか。

たくさんのご参加ありがとうございました!